おまとめローンの審査ポイント

おまとめローン!ココだけは外してはいけない「審査ポイント」

2010年6月から施工されるようになった総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになったため、「おまとめ」や「借り換え」をする利用者が増えています。すでに年収の3分の1を借りてしまっている人は、それ以上の借入は出来ません。

 

そこで「返済だけになるのなら、少しでも金利の低いところに借り換えたい」と言うのが理由のようです。

 

年収の3分の1を超えても借りられる?

総量規制には「除外」と「例外」があります。

 

低金利へ借り換えする事は総量規制の「例外貸付」として認められています。「例外貸付」は消費者金融等や信販会社の貸付が年収3分の1を超える場合、その超えた部分について返済が出来ると判断した時は、貸付を行っても良いという事になっています。

 

銀行カードローンの場合は銀行法が適用されるので、貸金業法の総量規制の影響は受けません。その為、銀行カードローンは「総量規制対象外」として、審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます。

 

仮に現在、年収の3分の1を超えている状態で、消費者金融や信販会社のキャッシングの新規借入が出来ない状況で、返済のみをしている方は、銀行カードローンで「おまとめ」や「借り換え」する事も検討してみましょう。

 

おまとめの審査ポイント

まず、「おまとめローン」や「借り換えローン」の審査は一般借入審査とちがって厳しくなります

 

借入件数で評価される。

借入件数はかなり重要な要素で、おまとめローンの審査は、借入総額よりも借入件数のほうが重要視されます。

 

たとえばAさんは100万円を2社から借りているとします。同じくBさんは50万円を4社から借りているとします。この2人を比較した場合、業者から見るとAさんの方が信用度は高いという評価をします。

 

要するに同じ金額のお金を借りている場合、1社あたりの借入金額が多いほど、信用度は高く評価されます。まとめる場合は、Aさんのように、「借入件数が少なければ少ないほど有利になる」ということを知っておきましょう。

 

借入先が3件以内なら融資してもらえる可能性もありますが、4件、5件になると厳しいと言われているので、まず借入先を3件以下にする必要が有ります。

 

過去の事故情報がないか。

過去に返済で遅延や延滞を起こした場合や、クレジットカードや公共料金の支払いを滞納した場合、信用情報期間の個人情報に事故情報として掲載されます。

 

事故情報として扱われるのは、

  • 3ヶ月以上の延滞をした
  • 不払い(踏み倒し)
  • 債務整理をした

というような事があれば、5~10年間事故情報として保存されるので、その間はおまとめローンに申込んでも審査に通過する可能性は薄いです。もし、こういう金融事故を起こしている場合は、申込を一定期間開ける必要があります。

 

勤続年数も審査で重要になる。

キャッシングの申込は勤続年数が半年以上あれば可能なところもありますが、おまとめローンの申込は、勤続年数が長ければ長いほど有利になります。ちなみに、職業もパートやアルバイト、派遣社員といった就業形態より、もっとも有利なのは公務員、つづいて大手企業のサラリーマンといわれています。

 

就業形態は勤め先を変わる以外、どうする事も出来ませんが、勤続年数が長くなれば、審査に通る可能性も出てくるのであきらめる必要はありません。

 

案外知られていないのがおまとめであることを申し出ること

 

おまとめローンを商品として扱っているキャッシング会社へ申込む場合は、その商品を指定して申込するだけですが、銀行カードローンの一般ローンをおまとめに利用しようとする場合、基本的なことですが、おまとめローンとして利用したいと告げる必要が有ります。

 

「まとめたい」と心に決めて申込をしたとしても、おまとめで利用したい事を申し出なければ、消費者金融や銀行カードローンの担当者からみれば、一般の融資の申込みだと思われてしまいます。

 

すると、審査の段階で「今の状況だけを見てもすでに複数社からの借入れがあるのに、その上まだ借りたいのは、よほどお金に困っている?」と思われてしまい、「これ以上は返済能力が伴わないので、融資は出来ません」という事になってしまい、せっかく申込をしたとしても、審査を落とされることになります。

 

しかし、申込をした段階ですぐに「まとめたい」と告げていれば、協力してもらえるかもしれません。


このように、おまとめローンは金融機関では通常の融資とは違う視点で審査されます。特に消費者金融では「貸金業法に基づくおまとめローン」という枠で受付しますから、通常の融資とは全く扱い方が違い、さらに融資金額が大きくなるので、審査も当然厳しくなります。

 

では、どの段階でおまとめローンであることを告げたらいいのでしょうか?それは、WEBから申込をして、担当者から最初の確認の電話が来た時です。その段階で忘れずに「おまとめローンとして利用したい」と告げる事がポイントです。